バカでも分かるお金の知恵袋

〜日常生活でのお金に関する知恵を公開中〜

【LAZR】ルミナー・テクノロジーズに投資する理由

f:id:buffett_hello:20210128154453j:plain

【LAZR】Luminar Technologies, Inc.

バフェットはろうです。

米国連続増配高配当株、約10銘柄に均等分散投資しており、毎月給料日後に「組み入れ比率最低銘柄」を約5万円分買い増すというルールで運用しています。今月はさらに、【LAZR】Luminar Technologies, Inc.(ルミナー・テクノロジーズ)を買った理由を共有していきます。

 

 

 

ルミナー・テクノロジーズ

ルミナーとは、自律走行車に欠かせないセンサー技術「LiDAR(ライダー)」を開発する、2020年12月にIPO*1でナスダックに上場した新興企業です。今年の売り上げ予想は1,500万ドル(15億円相当)ですが、証券取引委員会(SEC)の見積もりによると、2026年までに少なくとも13億ドル(1,300億円相当)を生み出す可能性があるみたいです。勢いはしばらく止まりそうにありません。

 

LiDAR(ライダー)

ライダーはレーザ光を照射し、物体から反射して戻ってくる時間を測定することで、対象物との距離や形状を正確に把握できるセンシング技術です。現在の主流である電波を使ったレーダーよりも正確に、周囲の先行車や歩行者、障害物との位置関係を計測できるため「自動運転車の目」として大いに期待されています。ウェブサイトのPR動画からも分かる通り、ルミナーは前衛的な企業で、既存の自動車企業の追随を許さないことがわかります。ですから、投資家が沸くのも納得できます。

 

25歳の億万長者

そのルミナーのCEO、オースティン・ラッセル(25歳)が、事業をはじめたのは高校生だった2012年。ピーター・ティール氏の助成金制度「Thiel Fellowship」を通じて10万ドル(1,000万円相当)の助成金を得て事業を加速させました。瞬く間に、純資産を増やしビリオネアとなりました。

自動運転の未来を見据えているラッセルが目指すものは「自動車事故の根絶」だそうです。近年、日本では高齢者による暴走事故が問題になっていますが、ルミナーのライダーが搭載された自動運転車であれば、それらの痛ましい悲劇は回避できると思います。今後2〜3年の間で自動運転市場に投入される先進運転支援システムとして、ルミナーには、ボルボやダイムラー、インテルのモービルアイなど、自動運転車関連企業50社からすでに注文が入っており、ライダーを搭載した新型は2022年に市場に出る予定だそうです。

 

現在の株価

f:id:buffett_hello:20210129090007j:plain

ルミナー・テクノロジーズ株価

1月27日の終値は、35.24ドル(前日比-2.97%)でした。EPS*2もまだ公開なし、配当金もなし。

 

 

 

テンバガーなるか 

ルミナーのライダーは間違いなくこれからの社会に求められている技術だと思います。自動車を運転する上で最も重要な「安全性」が確約された世界が、もうそこまで来ているのかもしれません。「株はロマン」と言いますが、こういう前衛的な企業に投資して、テンバガー*3にでもなったら本当にロマンがありますね。私が常々思っていることは、「株は、買おうと思った時が買い時」ということです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

*1:IPO:Initial Public Offering 新規公開株のこと。

*2:EPS:1株あたりの当期純利益。いわゆる1株の資金でどれぐらい稼いでいるかの目安。

*3:テンバガー:株価が10倍になるほど急上昇した銘柄のこと。